投資の際は会社の資金調達方法を見よう

投資をする前に資本形成診断をした方がよい理由とは

投資のまえにしっておきたい会社の資金調達方法とその表示の仕方

内部資金調達についてご紹介しています。 この調達方法で真っ先に目が行くのは決算書です。 決算書の利益欄の数字を特に気にすると思いますが、この数字にもいろいろな項目が含まれます。 外部資金調達と違って念書や借用書のようなものがないので見栄えは良いですが、誤記入の発見は遅いですし可能性もあります。

あまっている資金的体力

会社に出資して利益を得る投資。
この投資について事前にしておかなければならないのが「資本形態診断」です。
投資をしたところで利益が出ず出した金額返ってこないことになったら嫌ですよね?
そんな損をしないためにする必要があります。

会社を動かす資金の調達について。
大きく言うと内部資金調達と外部資金調達があります。

まず、内部資金調達からです。
この中には留保利益というものがあります。
これは出た利益を配当に回さず、会社の中に残してある資金です。

そのほかに備品の減価分や摩擦分を費用として提出する減価消却という手法もあります。
これは、まだ使っているものに対して「今回これくらい使いましたから」と、提出しその分だけ新しい資金を調達するといううこともしているところもあります。

これに対し、外部資金調達ですね。
こちらは銀行からの融資、つまり借り入れによる資金調達ですね。
さらに、買う式会社ならば株式による資金調達。
会社で使う設備を直接借りる社債による資金調達という手法があります。

内部資金調達はまだ会社に体力が残っていますが、外部資金調達になると先がないようにも見えます。
ですが、外部資金調達が一概に悪いと言っているわけでもありません。
外部資金調達により研究所を設立し、その会社の一番の売れ筋を作ったという話もあります。

会社ですから資金繰りは気になるところですがね。
その会社が息しているかを判断するのは資金なのはまず、間違いありません。

外部より調達してくる資金とは

外部資金調達についてご紹介しています。 会社の外部より資金を集める方法です。 この方法は手っ取り早く融資を受けるのに多くの会社がこの方法をとっています。 この資金も内部資金で集めた資金と同様に会社の資金体力を伸ばす力があります。 この資金を元手に会社を伸ばすのです。

調達した資金の使い道

投資の為に目を通す書類についてご紹介しています。 数字だけをうのみにしてしまうとあとで痛い目を見ます。 それは、調達してきた資金が本当に正しいのか、適正な取引だったのか、などです。 資金の流れや使意味にも注目ですね。 資金繰りを見れば会社の正体も見えて投資にあたいするがわかるでしょう。

TOPへ戻る