投資の際は会社の資金調達方法を見よう

投資をする前に資本形成診断をした方がよい理由とは

外部より調達してくる資金とは

外部資金調達とは

次に外部資金調達です。

外部資金調達とは主に株や銀行、他からの設備リースといった会社以外からの資金調達についてです。
株でしたら株の発行価格や発行相手による増資による資金調達ですね。
さらに、銀行から融資を受ける借入資金調達。
最後に設備をまるまる借りてくる設備リースを調達する社債による資金調達です。

言葉通り会社の外部から資金を調達してくる手段ですね。
この手法は会社に資金という体力が残っていないことを表します。
ですが、決して悪いことだけではなく新たな事業の立ち上げなど会社の変化も示します。
多くの会社はこの外部からの資金調達により返済が厳しくなり倒産するのが主です。

ですが、外部資金は会社にないことをしてみようということで調達をする場合もあります。
会社が進化するために粉うと言っても過言ではありません。

会社をゆがめるかもしれない外部資金調達

外部資金調達で会社に一番リスクが少ないのは新しい株式の発行です。

株式会社だと新しい株式の発行が返済のリスクもなく資金の調達ができます。
つまり、会社の財務状況を圧迫しないのです。
よって、経済的に潤うことになり財務的にも余裕ができて会社も健全化されます。
ですが、この手法で一つだけ問題があります。
それは株主の発言力です。

これにより株主の発言力が大きくなり、経営への干渉も高まる可能性があります。
せっかく資金のめどがついても株主による圧力により会社自体が揺らぐ可能性があります。

ほかにも銀行からの融資も同様です。
融資を受ける代わりに会社の在り方を問われるかもしれません。
外部資金調達金額が多いところは会社の本質が通っているか見定める必要があります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る